フルーツの盛り合わせです。

私たちが、毎日バランスのとれた食生活を送るために、果物の効能栄養、選び方、保存方法の順で述べていきます。糖質制限を行っている人にも役立つように(GI値)(GL値)も併記しています。(その2)

※GI値=グリセミック・インデックス値。その食品が、体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもので、ブドウ糖を100としているので、数値が高いほど糖質が多いということになります。

※GL値=グリセミック負荷値。その食品に含まれる炭水化物の量とGI値を掛け合わせた値です。炭水化物の量は、食品によって異なるので、その含有量をきちんと考えて、血糖値の上昇値を数値化したものです。

                    果物リスト
あ行 アプリコット(ドライ) アボガド アメリカンチェリー イチゴ いちじく
伊予柑 オレンジ
か行 キウイ 巨峰 グレープフルーツ
さ行 さくらんぼ ザクロ スイカ
た行 デラウェア
な行
は行 パイナップル はっさく バナナ バナナ(ドライ) びわ
ブルーベリー プルーン プルーン(ドライ)
ま行 マスカット マンゴー みかん メロン
や行 洋ナシ
ら行 りんご レーズン(ドライ) レモン

紫色で表記の果物果物の栄養一覧その1 – 効能・選び方・保存方法・GI値・GL値に掲載

オレンジ色で表記の果物果物の栄養一覧その2 – 効能・選び方・保存方法・GI値・GL値に掲載

※果物は、追熟するものかどうかで、保存方法、食べ頃、栄養価、味覚が変化します。

また、甘みはありますが、他の効能や栄養がありますので、ダイエットしたい方にとっては、お菓子より適した食べ物となります。

 

私も以前利用していました。とても新鮮で美味しかったので、おすすめします。

この季節限定のらでぃっしゅぼーやのおためしセットを見てみる

★パイナップル (65)(8)

  • 風邪予防、疲労回復、便秘改善
  • ビタミンC、ビタミンB1、食物繊維、ブロメライン(タンパク質分解酵素)、鉄、マグネシウムを含む。
  • 追熟しない果物である。葉の色が濃い緑で、葉先までピンとしていて、実は下膨れの形になっていて、色は黄みを帯び重いものを選ぶ。
  • 早めに食べること。保存する場合は、新聞紙等で包んで冷暗所か冷蔵庫の野菜室に入れて保存。

★はっさく (33)(3)

  • 風邪予防、疲労回復、血液をきれいにする。
  • ビタミンC、カロテン、カリウム、リン、カルシウム、マグネシウム、シネフィリン(酸味成分)を含む。
  • 色が明るい橙黄色で、ヘタの部分が緑色で重みのあるものを選ぶ。
  • かなり日持ちがするので、冷暗所で2~3週間は大丈夫。

★バナナ (55)(12)

  • 便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、糖尿病予防、がん予防
  • カリウム、食物繊維、マグネシウム、フラクトオリゴ糖を含む。
  • 付け根が新鮮で果皮が黄色く色づいたものを選ぶ。
  • 常温で追熟できる。冷蔵庫で保存する場合は、適度に熟したものを1本ずつラップに包んで野菜室に保存。また熟したバナナは、皮をむいてラップで包んで冷凍保存できる。

★バナナ(ドライ) (65)

  • 便秘改善、美肌効果
  • 食物繊維(生より約7倍に増加)、ビタミンB6、カリウム、マグネシウム、マンガンを含む。
  • できれば無添加、砂糖不使用のものを選ぶ。
  • 大量に購入したら、小分けして冷凍保存も便利。

★びわ (32)(3)

  • 高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、がん予防、老化予防、風邪予防
  • βカロテン、カリウム、クロロゲン酸(ポリフェノールの一種)、アミグダリン(ビタミンB17)
  • ヘタがしっかりしていて、果皮に張りがあり、ビワ独特の鮮やかさがあるものを選ぶ。
  • 常温保存で大丈夫。直射日光を避け、風通しがよく涼しい場所で保存。追熟しないので、早めに食べる方が良い。

★ブルーベリー (34)(5)

  • 高血圧予防、動脈硬化予防、眼精疲労改善、がん予防、便秘改善
  • ビタミンE、食物繊維総量、アントシアニン
  • 皮の色が濃く、鮮やかな青紫色をしているもの、果皮はしっかりと張りがあり、比較的大粒のものを選ぶ。白い粉(ブルーム)は鮮度を保つ働きがあるため、食べる直前に洗う。ブルームごと食べても大丈夫。
  • 追熟しないので、冷蔵庫に入れて保存し、なるべく早く食べる方が良い。

★プルーン (34)

  • 高血圧予防、貧血防止、風邪予防、老化予防、便秘予防、抗酸化作用
  • カリウム、βカロテン、鉄、食物繊維を含む。
  • ふっくらとして皮に張りがあり、色の濃いものを選ぶ。
  • 追熟する果物なので、実が固いものは、直射日光の当たらない涼しい場所で、乾燥しないようにポリ袋に入れて保存。実が少しやわらかくなってきたら、酸味が抜けて食べ頃。

★プルーン(ドライ) (54)(24)

  • 高血圧予防、抗酸化作用、便秘改善
  • マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、カリウム、βカロテン、ナイアシン、ビタミンB6、食物繊維を含む。
  • 市販のものは、添加物をしっかり確認して選ぶ。
  • 大量に購入したら、小分けして冷凍保存も便利。

みずみずしいみかんです。

★マスカット (48)

  • 疲労回復、抗酸化作用、動脈硬化予防、ガン予防、生活習慣病の改善
  • ポリフェノール、ブドウ糖、ビタミンB1、ビタミンB6、銅、カリウム、マンガンを含む。
  • 果皮の色が濃く、しっかりと張りがあり、比較的大粒のもの、茎が太く切り口が新鮮なものを選ぶ。
  • ラップや新聞紙で包むか、ポリ袋に入れる等して、冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存。

★マンゴー (49)(10)

  • 美肌効果、がん予防、貧血予防、便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防
  • βカロテン、葉酸、食物繊維、カリウムを含む。
  • 果皮にしっとりとツヤがあり、色鮮やかでふっくらとしているものを選ぶ。
  • 完熟前の果肉がかたいマンゴーは、常温の涼しい場所で追熟させる。完熟したものはポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存。

★みかん (33)(4)

    • 美肌効果、風邪予防、便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、がん予防
    • ビタミンC、βクリプトキサンチン(体内ではビタミンAとして働く)、食物繊維を含む。
    • 果皮の色が濃く張りがあり、形が扁平で、皮のツブツブが小さくはっきりしていて、重みがあるものを選ぶ。
    • 風通しが良くて湿度がやや高く、涼しい場所で保存。

★メロン (41)(6)

  • 利尿作用、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、糖尿病予防、がん予防(赤肉メロン)、風邪予防(赤肉メロン)
  • カリウム、βカロテンを含む。
  • ネットにむらがなく均一の太さで張り巡らされていて、重いものを選ぶ。
  • 常温で追熟できる。食べごろは、おしりの部分が柔らかくなって、つるがしなびてくるのが目安。カットした場合は、ワタと種を取って、ラップして冷蔵庫に保存。

★桃 (41)(5)

  • 便秘改善、美容効果、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、冷え性改善、二日酔い予防、がん予防、老化予防
  • 食物繊維、カリウム、ナイアシン、カテキンを含む。
  • 大きくてふっくらとしていて、全体的に紅く色づいているもの、果皮全体にうぶ毛があり、香りの強いもの、色の濃い部分に白い点々が出ているものを選ぶ。
  • まだ固いものは、風通しのよい所で、常温で追熟させる。軽くふれて、やわらかみを感じれば食べ頃で、2~3時間冷蔵庫で冷やす。

★りんご (39)(4)

  • 血糖値上昇防止、血中コレステロール低下、活性酸素抑制、コラーゲン生成
  • ペクチン、ポリフェノール、ビタミンCを含む。
  • 枝が干からびていない、ずっしりと重く、芳醇な香りがするものを選ぶ。
  • 箱に入れたままか新聞紙に包むと1ヶ月ほど保存できる。

★洋ナシ (36)

  • 便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、利尿作用、咳止め、がん予防
  • 食物繊維、カリウム、フラバノールを含む。
  • 果皮に傷がないもの、同じ大きさならずっしりと重みを感じるものを選ぶ。
  • 固い西洋梨は、日本梨とは違い追熟させる必要があり、紙袋等に入れて常温で保存。基本的に果皮が黄色みを帯び、軸の回りをそっとさわってかすかにやわらかさを感じれば食べ頃。

★レーズン(ドライ)(57)(49)

  • 抗酸化作用、貧血予防、便秘改善、免疫力強化
  • 炭水化物、カリウム、カルシウム、鉄、マグネシウムを含む。
  • 市販品は、添加物表示をよく見て選ぶ。
  • 無添加の物は、開封すると、冷蔵庫で保存という表示がある。

★レモン (34)(3)

  • 風邪予防、美容効果、疲労回復
  • ビタミンC、クエン酸を含む。
  • 形が整っていて果皮にハリとツヤがあり、色鮮やかなもの、軸の部分が緑色で香りがよく、重いものを選ぶ。
  • 長持ちさせたいなら、乾燥を防ぐためポリ袋に入れて冷蔵庫で保存すると、1ヶ月くらい日持ちする。カットした場合は、ラップで包んで冷蔵庫で保存して、早めに使い切る。

 

私も以前利用していました。とても新鮮で美味しかったので、おすすめします。