たくさんの果物です。

私たちが、毎日バランスのとれた食生活を送るために、果物の効能栄養、選び方、保存方法の順で述べていきます。糖質制限を行っている人にも役立つように(GI値)(GL値)も併記しています。(その1)

※GI値=グリセミック・インデックス値。その食品が、体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもので、ブドウ糖を100としているので、数値が高いほど糖質が多いということになります。

※GL値=グリセミック負荷値。その食品に含まれる炭水化物の量とGI値を掛け合わせた値です。炭水化物の量は、食品によって異なるので、その含有量をきちんと考えて、血糖値の上昇値を数値化したものです。

                    果物リスト
あ行 アプリコット(ドライ) アボガド アメリカンチェリー イチゴ いちじく
伊予柑 オレンジ
か行 キウイ 巨峰 グレープフルーツ
さ行 さくらんぼ ザクロ スイカ
た行 デラウェア
な行
は行 パイナップル はっさく バナナ バナナ(ドライ) びわ
ブルーベリー プルーン プルーン(ドライ)
ま行 マスカット マンゴー みかん メロン
や行 洋ナシ
ら行 りんご レーズン(ドライ) レモン

紫色で表記の果物果物の栄養一覧その1 – 効能・選び方・保存方法・GI値・GL値に掲載

オレンジ色で表記の果物果物の栄養一覧その2– 効能・選び方・保存方法・GI値・GL値に掲載

※果物は、追熟するものかどうかで、保存方法、食べ頃、栄養価、味覚が変化します。

また、甘みはありますが、他の効能や栄養がありますので、ダイエットしたい方にとっては、お菓子より適した食べ物となります。

 

私も以前利用していました。とても新鮮で美味しかったので、おすすめします。

この季節限定のらでぃっしゅぼーやのおためしセットを見てみる

 

★アプリコット(ドライ)(30) 

  • 疲労回復、冷え症予防、虚弱体質、便秘・下痢改善、美肌効果
  • 炭水化物、カリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄を含む。
  • きれば無添加、砂糖不使用のものを選ぶ。
  • 大量に購入したら、小分けして冷凍保存も便利。

★アボガド (27) 

  • 利尿作用、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、がん予防、便秘改善
  • カリウム、ビタミンE、ビタミンB6、葉酸、 脂肪酸、食物繊維を含む。
  • 形がきれいで果皮に張りと艶があり、ヘタと果皮の間に隙間がないものを選ぶ。
  • 皮が緑色のものはまだ未熟なので、常温で追熟させることでやわらかくなる。皮が黒みがかり、握ったときにやや弾力を感じれば食べ頃。熟したものはポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存。

★アメリカンチェリー (39)(7)

  • 動脈硬化予防、むくみ予防、虫歯予防、視力向上、眼精疲労
  • 炭水化物、カリウム、マグネシウム、カルシウム、ポリフェノールを含む。
  • 軸が枯れておらず果皮にハリがあり、なるべく濃い色のものを選ぶ。
  • 航空便を使って輸入するぐらい痛みやすいので、早めに食べきる。

★イチゴ (29)(3)

  • 風邪予防、美肌効果、貧血予防、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、がん予防
  • ビタミンC、 葉酸、食物繊維、アントシアン(ポリフェノールの一種)
  • 赤が均一で鮮やかなもので、果皮のツブツブがクッキリしていて、へたが青くて元気なもの、表面に傷がなく、艶のあるものを選ぶ。
  • 乾燥を防ぐためラップに包んで、ポリ袋に入れて野菜室で保存。水洗いをすると果皮が弱るので、食べる直前に洗う。へたを取ってから水洗いすると、ビタミンCが流れてしまうので、洗うときはへたつきのまま洗う。イチゴは日持ちしないので、なるべく購入した当日に食べる方が良い。

★いちじく (36) (4)

  • 便秘改善、高血圧予防、消化促進、二日酔い予防
  • 水溶性食物繊維ペクチン、カリウム、カルシウムを含む。
  • ぽってりと丸みがあり、付け根の切り口付近まで色付いているものを選ぶ。
  • 傷みが早い果物なので、ビニール袋に入れて冷蔵庫に保存。なるべく早く食べる。

★いよかん (33)(4)

  • 風邪予防、高血圧予防、疲労回復、整腸作用
  • ビタミンC、シネフィリン(酸味成分)、クエン酸、皮にはリモネン、ナリンギン、ヘスペリジン等の精油成分を含む。
  • 皮がしなびておらず、みずみずしさと重みを感じるものを選ぶ。
  • 冷暗所で保存。1週間~10日くらいが目安。

★オレンジ (31)(7)

  • 風邪予防、美容効果、疲労回復、貧血予防、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、がん予防
  • ビタミンC、カリウム、ヘスペリジンを含む。
  • 果皮が色鮮やかなオレンジ色でハリと艶があり、持ったときにずっしりと重いものを選ぶ。
  • 風通しがよい冷暗所で保存。ただし温度が高いと味が落ちるので、夏場はポリ袋に入れて野菜室で保存。

★柿 (37)(5)

  • 風邪予防、乗り物酔い、二日酔い、血流を良くする
  • ビタミンC、ビタミンA、タンニン、ペクチン(食物繊維)、酵素(カタラーゼ、ペルオキシダーゼ)を含む。
  • 実が固く、果皮に張りと艶があり、ヘタがしっかりついているものを選ぶ。
  • しゃきしゃきした食感を保ちたい場合は、水を含ませたティッシュをヘタにつけて、ヘタを下にして冷蔵庫で保存。

オレンジを使ったデザートです。

★キウイ (35)(6)

  • 風邪の予防、疲労回復、高血圧降下、便秘改善、抗酸化作用
  • 食物繊維、カリウム、ビタミンC、ビタミンE、アクチニジン(タンパク質分解酵素)を含む。
  • 表面がきれいで、傷みが無いもの、部分的に柔らかくなったりしていないものを選ぶ。
  • まだ熟していないものは、そのまま室内に置いて追熟する。急ぐ場合はリンゴなど、エチレンガスを出す果物と一緒に袋に入れておくと早く熟す。食べ頃になったものは、乾燥しないようビニール袋に入れて冷蔵庫で保存。

★巨峰 (50)(7)

  • 高血圧予防、動脈硬化予防、脳機能の改善、抗酸化作用
  • ビタミンB1、ビタミンB6、カリウム、アントシアニン、ポリフェノールを含む。
  • 皮の色づきが濃く、粒が大きくふっくらとしているもので、軸が緑色のものを選ぶ。
  • 涼しい冷暗所か冷蔵庫の野菜室で保存。保存する際は、乾燥しないようラップや新聞紙で包むか、ポリ袋などに入れる。

★グレープフルーツ (31)(2)

    • 疲労回復、風邪予防、美容効果
    • ビタミンC、ナリンギン(ポリフェノールの一種)
    • 形が丸く整っていて、ずっしりと重みがあるもの、果皮にへこみがなく色があざやかで、ハリと艶のあるものを選ぶ。
    • 風通しのよい冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存。輸入品の場合、果皮に農薬(防菌・防カビ剤等)が付いているので、気になる場合は食べる前によく洗う。

★さくらんぼ (37)(5)

  • エネルギー補給、貧血予防
  • 糖質、ビタミンA、ビタミンC、リン、カルシウム、カリウム、鉄分、カロテン、ビタミンB1、B2などを少しずつバランスよく含む。アントシアニンやフラボノイド等のポリフェノールも含む。
  • 実は、しっかりと紅く鮮やかで艶があるもの、枝は、緑の鮮やかなものを選ぶ。
  • サクランボは収穫と共にどんどん味が落ちるので、買ったらすぐに食べる方が良い。

★ザクロ (37)

  • 疲労回復、抗酸化作用
  • カリウム、マグネシウム、カルシウム、アントシアニンやタンニン等のポリフェノールを含む。
  • 果皮がしっかりと色付き、鮮やかな紅色のものを選ぶ。
  • 室温でも、皮を剥かなければかなり日持ちする。密封して冷蔵しておけば2~3ヶ月間は保存可能。

★スイカ (60)(6)

  • 疲労回復、利尿作用
  • 90%が水分で、カリウム、マグネシウム、リン、βカロテン、リコピンを含む。
  • ツルの付け根がくぼんでいるもの、模様とその表面がくっきりとして凹凸があるもの、お尻のへその部分が大き過ぎず、小さすぎないものを選ぶ。
  • 追熟しなくて劣化が早いので、買ったらすぐに食べた方が良い。まるのままのスイカは冷蔵庫に入れないで、風通しのいい所で保存。

★デラウェア (47)(7)

  • 疲労回復、脳を働きを良くする、ガン予防、動脈硬化予防
  • カロテン、葉酸、カリウム、リン、ポリフェノールを含む。
  • 色が濃く、表面に張りがあるもの、枝の色が緑で、切り口が新しいものを選ぶ。
  • 一房ずつ乾燥しないよう袋などに入れ、野菜室で保存。食べる直前に洗う。実を枝から切り離す場合は、枝をハサミで2~3ミリ程実側に残して切り落ちして、野菜室で保存。

★梨 (32)(3)

  • 便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、利尿作用、咳止め
  • 食物繊維、ソルビトール、カリウム、アスパラギン酸(アミノ酸の一種)
  • 形がよく果皮に張りがあり、同じ大きさなら重みがあるもの、軸がしっかりとしていて果皮に色ムラがなく、お尻がふっくらとして広いものを選ぶ。
  • 基本的に追熟しないので、新聞紙に包み、ビニール袋に入れ野菜室で保存。

 

私も以前利用していました。とても新鮮で美味しかったので、おすすめします。