肌が弱い人にオススメしたい化粧水として、マザータッチを紹介します!

 

肌が弱い人は、苦労が多い

私も肌が弱くて敏感なタイプです。

いろいろ苦労や面倒な点が多いです。

手もすぐ赤く痒くなるので、食器を洗うときには、綿の手袋をして、ゴム手袋をします。

手が痒いときは、夜薬を塗って手袋をして寝ます。

肌に触れる肌着やTシャツ、ブラウス類は、綿100%や天然素材の物を着ます。

現代では、コスト面や機能面ばかりを重視して、ポリエステルなどの化学繊維が使われている商品も多く、自分に合う衣類を探すのに苦労します。

天然素材の衣類を自分で作ったりします。

顔も敏感肌で、無添加をうたった化粧品をせっかく買っても、やはり痒くなることも多いです。

しかし、衣類は自分で作れても、化粧品を作ることはできません。

 

マザータッチを知る

もう10年以上前になるかもしれませんが、当時入会していた生協の宅配で、時折マザータッチのチラシが入っていました。

環境にもやさしく、肌に塗ってもやさしいと書いてあったような気がします。

そして、マザータッチの会社にお電話して聞いてみました。

広告文としては、痒みにも効くとは、書けないが、実際には肌の痒みにも効果があります、と言われました。

それ以来、マザータッチを購入して、使っています。

現在は、転居後マザータッチを扱っていない生協に入っているので、アマゾンで購入しています。

 

マザータッチって何?

マザータッチとは、合成洗剤でも石けんでもない洗浄液なのです。

キッチン用と洗濯用があって、私は、キッチン用を使っています。

品名:キッチン用ハーブ入りミネラル水

成分:ミネラル水、ハーブエキス(青森ヒバエキス・オレンジエキス)、海藻エキス、大豆レシチン、発酵物質

特徴:消臭効果、抗菌作用、鮮度保持作用、手にやさしく安心、地球を美しくする働き

 

マザータッチの使い方

キッチン用のマザータッチは、白濁しているので、よく振って小分けボトル(100均で販売している)に入れて、化粧水として使います。

顔、手、体どこでも、ローションのように使います。

マザータッチの使い方については、他のサイトに多彩な使い方が記載されているので、探してみてください。

安心して使えますので、敏感肌の人にも化粧水として使用できます。

アマゾンでは、1本から購入できます。

 

 

水なのに、するするマスカラもメイクも落ちる!!

敏感肌にもやさしいクレンジング、サンシビオ・エイチツーオーDをぜひお試しください!

BIODERMAビオデルマ