薬膳料理

2019年1月下旬に、薬膳料理教室に参加しました。

上の画像は、2月の薬膳料理です。

あずきごはん、みょうがとお揚げのみそ汁、菜の花と鶏の炒め物、セロリとささみの和え物、よもぎ餅というメニューでした。

割と簡単に調理できて、おいしかったです。

 

以前住んでいた愛知県でも、薬膳教室に通っていたので、どんな感じな講座かは、大体判っているつもりでした。

今回の教室は、最初に薬膳や今の時節に関する講義があって、その後実際に1食分のメニューを調理して、試食し、片付ける工程もあるので、全部で3時間ほどかかります。

 

日頃スーパーで手に入る食材を使った料理なので、自宅でも作れると思いました。

薬膳料理と聞くと、名前も知らない薬草を煮詰めたりするようなイメージがあります。

しかし、けっして難しいことではなく、中医学に基づいた考えで、体に必要な食材を取り入れて、より健康を保とうとするものです。

 

立春前の時節は、冬の間に溜め込んだエネルギーと陽気を発散し、毒素や老廃物を排出しようとするタイミングらしいです。

デトックス、体の中の毒素って、出したいですよね。

私は、以前病院で、余分な水があるとか、水毒状態だと言われたことがあります。

 

毒素の排出を促す食材・・・生姜、ねぎ、みょうが、三つ葉、ごぼう、水菜、ゆば、こんにゃく、イチジク、あずき、黒豆、にら、チンゲン菜、筍など

 

発汗を促す食材・・・生姜、ネギ、みょうが、パクチーなど

 

気の巡りを促す食材・・・そば、みかん、にら、フェンネル、にんにく、ジャスミンなど

 

水分代謝を促す食材・・・はと麦、あずき、大豆、黒豆、とうもろこし、冬瓜、金針菜、しらすなど

 

便通を促す食材・・・セロリ、白菜、パイナップル、こんにゃく、イチジク、アロエなど

<薬膳料理教室のテキストから引用>

 

食材のことを知っていると、買い物や料理のときに、何かと約に立ちます。

私は、ストアカという学びの講座を利用しました。

ストアカは、1回完結のさまざまな講座があるので、利用しやすいですよ。