パンをつくるときの砂糖の役割を知ったので、これからは適度に甘味料を使います!

 

砂糖の役割

ゆるい糖質制限をしていると、どうしても砂糖や砂糖に代わるものが入っている、入っていないが気になってしまいます。

市販のパンにも当然のように砂糖が使われています。

低糖質のパンにも砂糖の代わりに、人工甘味料が使われていて、パンには甘味があります。

せめて食事パンには、砂糖を入れなくてもいいのではないかと、思っていました。

最近ホームベーカリーを買い、自分でパンを作るようになって、初めて砂糖の役割を知りました。

 

砂糖は、甘くする、酵母の発酵力を高める、パンに焼き色をつける、日持ちを良くする、といった役割があります。

 

 

 

 

砂糖は少ないほうが良いだろうと、レシピより少なめに入れると、膨らみが悪かったり、焼き色がつかなかったりしました。

減らせばいいというものでは、ないようです。

 

プロも愛用するこだわりの小麦粉100種類以上!パン・お菓子作りの材料専門店
TOMIZ(富澤商店)

材料には意味がある

私が使っている強力粉とふすまミックスは、富澤商店から購入しています。

摂取する糖質を減らしたい場合、ふすまパンミックスでふすまパンを作ります。

ふすまパンの材料

 

ふすまミックスの袋にレシピも載っているので、この通りの材料を入れます。

私は乳製品を控えているので、左のレシピ中のスキムミルクは、使いません。

無塩バターの代わりに、オリーブオイルを入れるときもあります。

 

 

上記のレシピで、ちゃんとふすま食パンが出来上がります。

砂糖は入れていません。

ある日、水の代わりに甘酒(砂糖なし)を入れてつくってみました。

ほんのり甘くて美味しかったです。

主人も、甘味があった方が、食べやすいと言いました。

ふすまミックスの場合、強力粉と比べると、84%も糖質を削減することができるので、砂糖を少し入れても、食べやすい方がいいかなと思います・

 

強力粉を使ってパンをつくると、やはりレシピ通りの砂糖を入れます。

それでも、甘くて食べにくいわけでもないので、市販のパンに砂糖が使われていることが、やっと納得できたような気がします。

市販の弁当の惣菜にしても、日持ちさせようとすれば、味を濃くします。

砂糖には砂糖の役割が、塩には塩の役割があるので、これからは、あまり砂糖を遠ざけるのは、止めようと思いました。

パンづくりに主に使う材料の役割が、日本製粉のサイトに分かりやすく記載されています。

 

ホームベーカリーは、必需品かどうか

私は1台目を買ったばかりなので、判りませんが、少なくともこねるなどの作業をしたくない人には、便利な道具です。

材料を順番に入れて、スイッチを押すだけです。

参考までに下記が私が購入した機種です。

こねる音は、けっこう聞こえます。

マナーモードにすると、工程ごとのアラーム音は、消えます。

ふすまパンで、焼き上がりまで、2時間38分かかります。

他の機種を使ったことがないので、よく判りませんが、スイッチを押すだけなので、簡単便利です。

 

プロも愛用するこだわりの小麦粉100種類以上!パン・お菓子作りの材料専門店
TOMIZ(富澤商店)