炭水化物の主食を一日一食抜くときに、気をつけることとは、なんでしょうか。

抜いた主食分を補うこと

一日一食、主食を抜いたとすると、他の副食や飲みものだけでは、当然お腹が空いてきます。

食べなければいいというものでは、ありません。

私もこの点が認識不足で甘かったと反省して、食生活を改善しています。

ご飯、パン、めん類を食べなかったとしたら、その分タンパク質や野菜の副食をしっかり食べましょう。

特にタンパク質を必ず食べてください。

植物性、動物性両方摂る必要があります。

 

大豆100%のソイドルで、美味しい麺料理を!

 

主食分を補わなければどうなるか

当然お腹がすいてきて、お菓子やら余計なものを食べてしまいます。

栄養不足になる可能性もあり、精神的にもよくありません。

本人が、どうして食欲を我慢しなければならないのかとイライラして、その結果糖質制限を止めて、挫折してしまうかもしれません。

 

どうやったら一日一食抜くことが習慣になるか

人は、旅行中などの特別な環境下でない限り、日常生活の中で、3食とも自分の思う食事ができなかったということは、まずありえないと思います。

ですから、自分の意思で、食べているのです。

発想を変えて、一日一食を抜くというより、低糖質なものに置き換える、という考えを持ちましょう。

 

炭水化物を一日一食抜く簡単な3つの方法

抜くというより、置き換える

一日一食は、低糖質なもの、たとえば低糖質パンやソイドルなどを主食と考え、置き換えてみてください。

低糖質パンや麺類をストックしておくのも良いですね。

 

あまり細かい計算をしない

一回の主食分の糖質量が10g以下だったら、上出来だと思います。

副食の糖質量は、いくらかなんて、とても計算できません。

イモ類などの糖質量が高い食材でなかったら、しっかり食べた方が良いですよ。

炭水化物が太る一因なので、タンパク質や野菜を食べても太りません。

 

元の食生活に戻ること

飲み会などで、つい食べてしまっても、翌日は元の食生活に戻りましょう。

 

健康やダイエットのために続けていた、炭水化物を中心とした糖質制限を止めてしまうことは、簡単です。

炭水化物を一食分抜くか低糖質の食品で、大幅に低減させることを続けるのは、それほど難しいことではありません。

一食だけですから、残りの二食は、ほどほどに食べることができるので、誰でも継続できます。

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

大豆100%の低糖質麺ソイドルは、美味しくておすすめ!