だしの素

原材料表示によく目にする酵母エキスは、食品なのか添加物なのでしょうか?

スポンサードリンク



 

酵母エキスとは?

酵母の利用形態のひとつで菌体自体を化学的に分解抽出した成分のことである。主成分としてアミノ酸や核酸関連物質、ミネラル、ビタミン類を含み「調味料」「微生物培養の培地」「家畜飼料」「健康補助食品」などに用いられる。発酵機能や発酵産物(代謝物)を利用したパンや、アルコール飲料と並び多岐に利用されているが主に加工食品の副原料として使用されるため一般消費者が酵母エキスを単体で見る事はほとんど無い。

 

酵母エキスは、一応食品扱い

現在の食品と食品添加物との分類では、酵母エキスは食品添加物ではなく、醤油や昆布エキスなどと同様に食品に分類されている。

砂糖も酵母エキスも、添加物ではなく、食品扱いなのです。(引用は、Wikipedia から)

 

酵母エキスは、味覚破壊をする?

上記の画像の「だしの素」を長年使ってきました。

おいしい液体だしなので、とても便利で、野菜ソムリエの先生も使っていると言っていたし、自然食品店にも置いてあります。

しかし、原材料表示を見ると、酵母エキスが含まれています。

 

 

糖質制限していて、砂糖という表示を気にしていたら、酵母エキスに気がつきました。

そして、化学調味料の代替として使用されていることが多いのです。

化学調味料無添加という表示があっても、酵母エキスとか〇〇エキスが含まれていることが多いことを知りました。

生協の宅配で購入するだしやスープの素には、必ず入っています。

自然食品店で販売されているスープの素は、どうかなと思って見ましたら、やっぱり入っていました。

酵母エキスを取り続けていると、味覚障害を招くと言われていて、タンパク加水分解物とアミノ酸等と共に、味覚破壊トリオと言われているそうです。

 

みそ汁のだしも変えた

みそ汁に使っていた顆粒だしにも、砂糖が入っていることに気づき、使うのを止めました。

だしとして、昆布を小さく切り、最後に小さいかつお節を入れ、そのまま具とともに食べます。

最初はやはり味が薄いかなと感じましたが、慣れてしまえばなんともありません。

やはり、市販品は、まとまりのある味にするために、いろいろな添加物が食品として含まれています。

 

食品添加物を気にするかどうか

私は、ゆるい糖質制限を始めるかなり前から、ある程度は添加物を気にする方でした。

もちろん、食品メーカーは、人体に影響を及ぼさないレベルのさらに100分の1のレベルだと、言います。

しかし、添加物を極力含まないでも商品は、作れるのです。

こういった糖質制限と健康と食べもののことを考えるブログなので、添加物のことも避けて通れない問題かなとも思います。

ある程度気にして、できるだけ安全と思える商品を紹介していきたいと考えます。

スポンサードリンク