糖質制限は、やたら食べないことではなく、高糖質のもの以外はしっかり食べましょう。

 

糖質制限で貧血になる?

糖質制限を正しく認識し、正しいやり方を実行すれば、けっして貧血にはなりません。

貧血の原因の多くは、鉄欠乏性貧血なので、糖質制限が貧血の原因になることは、ありません。

 

糖質制限を始める前に、血液検査を

特に女性は、気づかないまま鉄欠乏性貧血状態のことも多いので、ゆるい糖質制限をやろうとする場合でも、医療機関で血液検査を受けた方が無難かもしれません。

血液検査を受けるときは、ぜひ血清フェリチン値(検査費用は、健康保険適用外です)も調べてもらうことをおすすめします。

血清フェリチンとは、鉄を蓄えるタンパク質のことで、この数値で、体内の鉄分量が推測できます。

血清フェリチン値(理想値=分子整合栄養医学に基づいた値・基準値より高い)

男性 120以上

女性 20代まで 50以上

   30~40代 80以上

   50代以上 100以上 

上記の基準値より低いと、女性の場合なんらかの不定愁訴を訴えることが多く、本来かなり重症の鉄欠乏性貧血になっているのです。

私も、血色素量は13(女性の基準値:11.2~15.2)だったので、貧血ではないように思っていましたが、血液解析をすると、重度の貧血でした。

血色素量の値だけでは、角度の高い把握はできません。

食事から摂った鉄の3分の2が、ヘモグロビンの中にあり、酸素を運ぶ役割に使われ、残りが組織鉄、貯蔵鉄、血清鉄として使われます。

ゆるい糖質制限を続けるときの、糖質量は?の記事も参考にしてください。

 

鉄分サプリの新定番!美めぐり習慣

糖質を制限しながら、鉄分の多い食品を食べる

鉄分は、肉、魚、卵、大豆製品、野菜類に多く含まれていて、植物性食品由来の非ヘム鉄と動物性食品由来のヘム鉄があります。

非ヘム鉄は、ビタミンCと共に摂ると、吸収が良くなります。

ビタミンCを多く含むほうれん草、アスパラガス、ブロッコリーなどしっかり食べましょう。

糖質制限は、肉、魚、卵を気にしないで食べれるので、ヘム鉄もしっかり摂ることができます。

タンパク質は、すべての栄養の基本なので、特に重要です。

 

糖質制限は、食べないことではない!

ダイエットもそうなのですが、糖質制限は、糖質の高い食材を避けるだけなので、むやみに制限しては、かえって栄養不良になってしまいます。

糖質制限は、食べないことではなく、高糖質以外の食品を食べて、栄養を摂らなければなりません。

 

血液検査の理想値(参考までに)

  • 尿素窒素 15~20 タンパク質の代謝がうまくいっているかが判る、理想値より低いとタンパク質不足
  • 総蛋白 7.0以上 理想値より低いとタンパク質不足
  • GOT 20~25 GOTとGPTは、ビタミンB6欠乏の疑い
  • GPT 20~25 GOTより低いと欠乏の度合いがひどい
  • LD(LDH) 200以上 ナイアシン(ビタミンB3)欠乏の程度が判る
  • 中性脂肪 50~100 理想値より低いとタンパク質不足

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

 巡りにオーガニック生姜&鉄分補給!≪美めぐり習慣≫