パンダ

かわいいパンダのシャンシャンを見学しました。

ポンサードリンク



待ちに待った赤ちゃんパンダ誕生!

パンダの見学は、このブログの趣旨から外れてしまいますが、この記事はおまけのようなものです。

2017年6月にパンダの赤ちゃんが生まれてから、10日毎に身体検査が行われ、画像と共に体重や体長が発表されていました。

147gという小さい動物が、やがて100kgを超える大きなパンダに成長するのです。

母親のシンシンは、120kgなので、そのぐらいになるとしたら、すごい成長率です。

ホントに小さく生まれて、動物園の関係者の方々も、無事に育ってほしいという思いでいっぱいだったと思います。

パンダの赤ちゃんは、無事に育つのが難しいそうですが、シンシンの最初の赤ちゃんもわずか6日で、亡くなっています。

 

生まれた赤ちゃんパンダは、シャンシャンと命名され、だんだんパンダらしくなっていき、歩けるようになり、身体面もどんどん行動できるようになったですね。

定期的に発表される動画が楽しみになってきました。

 

ついに一般公開へ

木登りもできるようになって、生後6ヶ月を過ぎて、ついに一般公開されました。

最初は、抽選で当選した人だけ、入場し見学できたのです。

今になると、このころ抽選に申し込めば良かったと思います。

一般公開後、次々動画が配信され、Youtubeで毎日見ることができます。

小さくて機敏でコロコロしていて、かわいいし、見ていて飽きません。

一般公開され気づいたことは、子パンダをこれほど動画で見たことがなかったことと、シャンシャンはなかなか整っているお顔で、美人さんです。

それに動作が機敏で、物おじしないですね。

全身で遊び、全身で生きているって感じます。

私は、すぐ頭が痛いとか、動きたくないとか思ってしまうけど、シャンシャンは、裏表なく動いている、すごいなって思います。

 

それから、見学が抽選から整理券配布になりました。

頭で想像して、整理券配布でもかなり待つだろうと思うと、見たいけど、そんな体力があるのかな・・・

小さいうちに見たい!

しかし、毎日動画を見るにつれ、シャンシャンはどんどん育っていき大きくなっています。

生後6~8ヶ月ごろが、小さくてかわいかったです。

早く見に行かなければ、子パンダではなくなってしまう、なんか焦りのような気持ちでした。

 

そんな気持ちでいたころ、ゴールデンウィークの4日間だけ、混雑が予想されるので、抽選にします、と報道されました。

この時を逃すと、もう子パンダ状態のシャンシャンを見ることはできないと思い、はがきを出しました。

 

4日間で1日だけ当選し、やっと見ることができると安堵しました。

最近は、なぜか外の木の上で、丸まったり、たれパンダ状態で脱力している時間が多いです。

しかも大雨の日でも、木の上にいるのです。

なんという根性なのか、感心してしまいます。

やっと会えた!

やっと5月5日に上野動物園に行きました。

時間に余裕を持って出かけて、待ったのは入場券を買うのに行列で並んだ10分位でした。

入場券を買って園内に入り、すぐの所がパンダ舎で、集合場所を確認しました。

まだ1時間ほどあったので、ベンチを探し、お昼を食べました。

 

そしていよいよ集合時間になり、順次パンダ舎に入りました。

集合時間に30分ほどのゆとりが取ってあるみたいで、それほどの人数ではありませんでした。

毎日動画で見ている屋内の部屋や、シャンシャンがよく登って眠っている木がある部屋があり、こういう順序で部屋は並んでいるんだと実感しました。

 

やっぱり2分で終わり!

母親のシンシンは、外と屋内を行ったり来たりしていました。

そして、シャンシャンは、外のやぐらの上で、眠っていました。

幸いすぐ目を開け、座って顔をちゃんと見ることができました。

多分昼寝の途中で、またゴロンと上向きになってしまいました。

いつもたれパンダ状態になっている木のてっぺんでなくて、良かったです。

 

しかし、動画で見る通り、係の人は、移動、移動の連呼です。

それがお仕事なのでしかたないですが、4回ほど移動して合計で2分位でした。

10分位は、見たいなと思います。

やはり、動画で見るより、距離があるせいか小さく見えましたが、顔は毎日見ているシャンシャンの顔でした。

 

動画で知るかわいさ

子パンダのシャンシャンは、飼育員さんを求めて、走って足に絡みつくほど好きなのに、お迎えに来たときは、木にしがみついて抵抗します。

子パンダは、人間になついています。

生まれたときから、人間が側にいるので、人間のことをどう思っているのだろうと、不思議ですね。

多分まだ母乳が主体なので、お母さんに食べ物を取られても、反抗しません。

 

父親のリーリーは、他の動物と同じように直ぐに見ることができます。

リーリーは、暑い日だったので、外のやぐらの下で、丸くなって眠っていました。

 

参考までに

動物園のマップは、ゲートを入ってすぐの所にありました。

マップを持ってなかったので、方向が分からなくて困ったです。

年間パスポートは、2400円(16~64歳)、1200円(65歳~)なので、4回行くと元が取れます。

何回も行きたいと思ったら、年間パスポートを買う方が、並ばないですぐ入場できるので、時間もお金も節約できます。

 

ポンサードリンク