血圧測定「高血圧はほっとくのが一番」松本光正著(講談社+α新書)を読んで、高血圧を気にせず内科にもかかっていないことに安堵しました。

 

血圧を気にしてはいけない!

特に中高年になると、健康診断で血圧が高い数値が出て、要精検になってしまう人もおられると思います。

私も低血圧だったのが、会社の健康診断でいきなり160を超えていて、3回も計り直すことになり、もちろん要精検になって、それ以来、血圧に振り回されてきました。

上腕式血圧計を購入して計ったり、測定時の音が恐怖になり、サイレントの手首式の血圧計をまた購入して、ここ数年は計りもしていません。

この「高血圧はほっとくのが一番」という本をもっと早く読んで、正しい見解を知っていたら、あんなに気にする必要もなかったのに、と残念に思うのと、血圧を気にせずなんにもしなかったこの数年は、正しかったと思うと嬉しくなります。

 

血圧は気にしないほうがいい。むしろ、気にしてはいけない。血圧を気にすることは、それ自体ストレスであり、そのマイナス思考が、かえってさまざまな病気を招くのだ。

 

8年間で50も下がった基準値

2000年からの8年間で血圧の基準値が50も下がりました。

このことは、中年以上の人は、記憶している方が多いと思います。

以前は、最高血圧の値は、実年齢+90と言っていましたが、いつの間にか130だと世間では通っています。

最近はこの値では低すぎるので、147にするらしいです。

しかし、147と150でどう違うのでしょうか。

一見基準値が厳しくなるのは、健康に配慮しているような錯覚を覚えますが、そうではなく、降圧剤を飲む人が増えているだけなのです。

そのため1980年代の終わり頃からの20数年間で、降圧剤の売上は、5倍になったのです。

日本は、世界の40%もの薬を消費している。その量は、アメリカに次いで第2位だ。一人当たりに換算すると、日本が1位である。世界一薬好きな日本人が、最も多く飲んでいるのが降圧剤であることは、あまり知られていない。

恐ろしいほど日本人は、薬を飲んでいるのです。

というか、処方されるから飲まされているという側面もありますね。

しかし、健康的な生活は、薬を飲まないで生活することだと思います。

なんだか、おかしいですよね、こんなに薬を飲んで日本人は健康なのでしょうか。



高血圧=脳卒中というイメージだけが残ってしまった

詳しいことを知らない私のような一般人は、このイメージを持ち続けています。

戦後は栄養状態も悪く、農作業、土木作業、家事労働にしても肉体を酷使していたので、たやすく血管が破れる脳溢血が多かったのですが、1970年代に脳梗塞の死亡者数が、脳溢血のそれより多くなってしまったのです。

脳卒中というのは、脳梗塞、脳溢血、くも膜下出血などの総称です。

 

降圧剤の副作用の恐怖

・降圧剤は、脳梗塞の発症を倍にする。

脳梗塞は高血圧が原因といわれるが、そうではない。むしろ、血圧の低いときに起こる疾患である。

・降圧剤服用者は、非服用者に比べて、がんによる死亡危険度が1.14倍になる。

・降圧剤で血圧を下げると、認知症になる確率も増える。

上述のように、降圧剤の副作用は怖いです。

飲まなくていいのなら、飲まない方がいいです。

 

塩分と高血圧は関係ない

高血圧の人は、塩分を控え目にという世界でとっくの昔に非常識になったことが、日本では今もそのまま信じられていて、医療機関でも、塩分控え目の指導をされます。

一般的な食事をしていれば、何も減塩する必要はないそうです。

 

血圧は個性である

①下げられる一方の基準値が、まったくデタラメ。

②血圧が加齢や体調によって高くなるのは、理に適った体の反応。

③それを無理やり薬で下げるから、脳梗塞やがんなどの重大疾患が起きやすくなる。

ただし、最高血圧が200を超える極端な場合と心臓に持病がある場合以外、気にしなくてもいいのです。

 

この本から分かったこと

降圧剤に関しても、医療界、産業界、学術界いろいろな分野の利権がからんでいて、現在広く行われている降圧剤処方が適切かどうか疑問が残ります。

日本では、時代背景や状況の変化を伝えることなく、昔のままの 高血圧=脳卒中の引き金高血圧=塩分の摂り過ぎ という負のイメージが信じられています。

高血圧を気にしている人、降圧剤を服用している人は、素晴らしい本ですので、ぜひ「高血圧はほっとくのが一番」を読んでみてください。

※記事中の引用は、すべて本書からです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。