不動産売買契約書

家を売買するときに参考になる売買契約書の内容の一部をご紹介します。

スポンサードリンク



 

契約書のない不動産売買は存在しない

私は、昨年からの1年間で、3件の不動産売買を経験しました。

不動産売買に関係する記事も下記に記していますので、参考にしていただけると嬉しいです。

 

さて、不動産を売るときも買うときも、高額な物ですから、必ず不動産売買契約書が存在して、売主買主と、仲介業者を介したら仲介業者を含めた署名捺印をします。

私も、いろいろな問題が発生して苦慮しましたが、不動産売買契約書、重要事項説明書、物件状況報告書、設備表などのすべての書類の一つ一つの項目が、非常に大切であると思います。

推薦したい契約書に出会う

前の自宅を売却するときに仲介してもらった業者の売買契約書の一部を紹介します。

自宅の売却が3件の一番最後だったので、契約書なんてどこでも同じようなものだろうと想像していました。

それが、契約日の売買契約書の読み合わせのときに、今までと違った内容だったので、正直驚きました。

 

気になった内容の部分

不動産売買契約書の第13条を引用します。

(瑕疵の責任)

第13条  売主は、買主に対し、土地の隠れたる瑕疵および次の建物の隠れたる瑕疵に

ついてのみ責任を負います。

(1)雨漏り

(2)シロアリの害

(3)建物構造上主要な部位の木部の腐食

(4)給排水管(敷地内埋設給排水管を含む。)の故障

なお、買主は、売主に対し、本物件について、前記瑕疵を発見したとき、すみやかに通知

して、修復に急を要する場合を除いて立会う機会を与えなければなりません。

2. 売主は、買主に対し、前項の瑕疵について、引渡完了日から3ケ月以内に請求を

受けたものにかぎり、責任を負います。なお、責任の内容は、修復にかぎるものとし、

買主は、売主に前項の瑕疵について、修復の請求以外、本契約の無効、解除または

損害賠償の請求をすることはできません。

3.前項の建物の瑕疵の修復範囲等は、別表(修復範囲等)中「建物の修復範囲等」の

記載によります。

後略

 

不動産売買契約書は、どの仲介業者も、標準書式を使っていますが、業者によって、上記第13条の3項に該当する別表が実際についているかどうか、が異なっています。

修復範囲を明示

トラブルが多かった現在の自宅の売主の仲介業者S社は、上記の売買契約書を使いながら、別表は、ありませんでした。

契約日に上記の赤字の「建物構造上主要な部位の木部の腐食」とは、どこのことですか、と質問しましたが、解るような答えではありませんでした。

 

前の自宅の売却時の売買契約書では、ちゃんと別表が添付されていて、万一瑕疵が生じたときの修復範囲が定められています。

この契約のときに、驚いてどうして修復範囲を決めているのか、と仲介業者に質問しました。

 

答えは、売主買主双方にとって、はっきり範囲が決まっていた方が、万一瑕疵があった場合、トラブルにならないとのことでした。

そして、他業者との「別れ」の仲介形態だった場合も、我社のやり方に合わせてもらうようにしている、と言われました

別表(修復範囲等)

別表(修復範囲等)

 

参考までに③建物構造上主要な部位の木部の腐食の修復等の対象範囲を引用します。

建築基準法施行令第1条第3号に規定される建物の構造耐力上主要な部分のうち、「壁、

柱、小屋組、土台、斜材(筋かい、方づえ、火打材その他これらに類するもの)、床版、

屋根版または横架材(はり、けたその他これらに類するもの)」の木部の腐食で、構造

耐力上危険であると判断される箇所を修復の対象とします。上記以外の部位、外部

バルコニー、軒裏、垂木等外部木部は修復の対象とはなりません。

 

きちんと仲介してくれる業者が増えると良い

本当に引渡後もトラブルにならないようにということを念頭において、売買契約書を作成されていることを実感しました。

この会社は、建物診断も関連会社と提携して実行されています。

私の自宅も引渡までに検査を受け、問題ありませんでしたという報告がありました。

こういう仲介業者が増えていき、安心して中古住宅が売買できるようになれば良いと思います。

因みにこの仲介業者は、アップレポ不動産販売株式会社です。

 

下記が家の売買に関する記事です。合わせて読んで下さいね。

中古の家を買うときは、くれぐれも注意するしてくださいね! 

実体験からつかんだ家を売るときの注意する点は、いっぱいあります!

家を売るとき、業者を利用するのか、個人で売却するのか?

住宅の売買をトラブルなくやってしまいたい

隣地との境界問題をを解決して・・・

家の売買契約書のひな型をダウンロードして事前に知っておこう!

スポンサードリンク