スーパー

現在でもクレジットカードを使えない店があります。現金払いに固執する店について考えてみましょう。

 

カード時代にまだ現金払い?

現代は、公共料金、コンビニ、スーパーや飲食店での支払いは、クレジットカード、電子マネーを使える場合が多いですし、ポイントやマイルも貯まってお得です。

私は、クレジットカードと電子マネーを使い分けていますが、とても便利です。

トラブルになったこともありません。

 

日常生活で、買い物をするときや飲食するときに、支払いが現金のみの店舗が、まだかなりあります。

カードで支払いをしたい人にとっては、不便ですよね。



現金払い店舗の実態

一人や二人で切り盛りしている小売店なら、まだ現金払いだけというのは、理解できます。

しかし、私が利用する店舗の中でカード払いを取り入れた方が、良いのではと思える店舗があります。

下記は、あくまでも客側からの感想です。

★A店・・・スーパーが2店舗あり、買い物客は、それなりに多いですが、まだ現金払いだけです。カードやギフトカードも使えません。野菜などの生鮮品は、他店より安いかなと思える物もありますが、店の広さ、歩きやすさ、清潔感などが、イマイチで旧態依然としたスーパーです。2店舗あって、これだけの買い物客がいるのだから、カード導入を考えてもよさそうな気がします。

★B店・・・大きい魚屋で、4店舗あり、魚介類の種類も多く新鮮で、買い物客も多いです。この店舗の不思議なところは、スタッフが多いことです。魚をさばいてくれる人だけも、数人います。しかし、ここも現金のみなのです。安売りの日などは、買い物客で混雑し行列を作って、レジの支払いを待たなければならず、現金をさっと財布から出せない高齢者もいて、大変時間がかかります。あのスタッフの人件費を考えたら、カード導入は高いハードルではないような気がしますが、やはり、A店と同じで、店側の工夫が感じられません。

なぜ店舗は、現金払いを続けるのか?

  • カードシステム導入のコストの問題
  • クレジットカード会社に加盟店手数料を数パーセント徴収される・・・業種と規模により手数料は異なる。
  • 現金払いの場合は、店舗にとっても即現金収入になり、次の仕入れに回せるメリットがある・・・カード支払いの場合、店舗にお金が入るのは、大体翌々月になる。

 

店舗がカード決済を導入しないことの弊害

  • レジ業務の効率が悪く、集客率に影響が出てくる・・・上述のA店、B店のように行列してレジを待たなければならないと思うと、行くのを止めようと思ってしまう。
  • 時代遅れという印象を与える・・・今時カードで払えないなんて、クレジットカード会社から信用されていないの?、などの疑問が店舗の印象を悪くしてしまう。

 

とても効率的な現金払いの店舗の紹介

私が以前住んでいた愛知県にある中規模のスーパーですが、今まで利用したスーパーの中では、一番迅速なレジ業務かと思えます。

レジは3台あり、客が持って行ってもいいのは、マイバスケットだけです。

客の買い物袋をスーパーのカゴにかけたりはしません。

レジ係の人は、商品のバーコードを通したら、どんどんカゴに入れていき、終ったら機械から精算表が出てきて、それを客に渡します。

レジ係りの人と客とは、一切お金の受け渡しをしません。

ですからものすごく作業が速いです。

 

レジを抜けると、精算機が数台あるので、その精算機に精算表を読み取らせて、現金を精算機に入れて、お釣りがあれば、お釣りとレシートが出てきます。

これで終りなので、本当にとっても素早いです。

客の方もストレスを感じないので、買い物が楽になります。

このスーパーは、商品も安かったですし、生鮮食品などは、その日だけで売り切る方針のようでした。

 

店舗も特色を出して企業努力をしてほしい

愛知県のスーパーのように、現金払いに徹するのなら、他がやらないようなことをやるべきです。

これからは、ただ安ければ集客できる時代ではなく、働いている人も多いので、効率よく買い物をしたいのです。

できればカードが使えてポイントが付く方が便利なので、それぞれの店舗の企業努力を期待します。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

■アプラスG・O・Gカード■
PC・スマホ・タブレット修理・サポートがお得!