ミルク

牛乳は、健康に害を及ぼすのか調べてみました。

 

牛乳は体に良いのか悪いのか

長年気になっていることに、牛乳は本当は体に良くないのではないか、という問題があります。

世間でも、牛乳は猛毒だとかいう情報を目にすることもあり、知りたいけどなんとなく毎日飲んでいる物なので、避けていたところもあります。

スポンサードリンク



 

白砂糖の危険について考えてみましょう!でお話したように、白砂糖については自分や知り合いを見ても、ある程度確信があるのですが、牛乳が良いのか悪いのか調べて考えてみようと思いました。

戦争と牛乳の普及

終戦によるアメリカ政府の占領政策により、牛乳が日本にもたらされ、戦後の学校給食では必ず飲まされ続けてきました。

学校で出される物だから、悪いわけがないという感覚が日本人にはあったと思います。

私も毎日牛乳を飲むのは、当時子どもですから結構量が多くて、嫌なときもありました。

義務教育中に飲んでいた牛乳のせいで、牛乳=カルシウムの摂取、という図式が大半の日本人には刷り込まれていったのだと思います。

やがて女性は、妊娠しても胎児のために牛乳を飲み、産まれた子どもに、乳児の時期を過ぎるとやはり今度は親として、牛乳を当たり前のように与えていました。

 

世間でよく言われている牛乳の悪い点

  • 牛乳のホルモンにより、乳がんや前立腺がんの原因になる。
  • 牛乳のカルシウムは、吸収が良いので、過剰になって排泄を促し、逆にカルシウム不足になり、骨粗鬆症を招く。
  • 牛乳のタンパク質が、アレルギー症状をひきおこす。
  • 牛乳の脂肪が悪玉コレステロールになり、血液をどろどろにする。
  • 乳糖不耐の多い日本人には飲みにくい。

 

冷静で穏やかな捉え方に賛同

フードファディズムとは、食べものや栄養が健康と病気に与える影響を、熱狂的、あるいは過大に信じること、科学が立証したことに関係なく食べものや栄養が与える影響を過大に評価することである。例えば、マスコミで流されたり書籍・雑誌に書かれている「この食品を摂取すると健康になる」「この食品を口にすると病気になる」「あの種の食品は体に悪い」などというような情報を信じて、バランスを欠いた偏執的で異常な食行動をとること。(Wikipedia より)

 

記のようなフードファディズムに陥らないように、冷静に捉えるべきだと考えます。

私は、長年頭痛で、いろいろな治療院にも行きました。

その中で二人の「バランスを欠いた偏執的で異常な食行動をとる」治療家に出会いました。

 

二人とも、米、砂糖、牛乳、加工食品類は、一切食べません。

そういう食生活をしている人は、自分がやっていることが素晴らしくて、人を馬鹿にし、費用を払っている患者に対しても、同じことを強要します。

食生活以外も、バランスを欠いた言動をしてしまうようになってくると思います。

 

現代はネット時代で、自宅に居ながら多種多様な情報を得ることができます。

もちろん、牛乳が害になるのかならないのかを考え、今後飲む飲まないを決めるのは、自分自身です。

しかし、私は今までの生活の中で、牛乳がすごく悪い飲み物とは、思えないのです。

フードファディズムと健康教育――メディアに惑わされない食生活(群馬大学・高橋久仁子教授)のレポートに書かれた考え方に、本当にその通りだと思い、賛同します。

 

牛乳が害ではないと安心した理論

以下の2つのポイントは健康生活のサイトを参考にさせていただきました。

このサイトに書かれてあることが一番ストンと納得できました。

  • 牛乳に含まれるホルモンについて・・・成長ホルモンと女性ホルモンが含まれている。日本では、牛肉・牛乳の成長ホルモンは規制されていて、成長ホルモンの残留による健康への影響を心配する必要はない。女性ホルモンについても、思春期前の女児が体内で合成する女性ホルモンの量の0.02%にすぎない。
  • 牛乳は、カルシウムとリンのバランスが良く、100g当たりの含有量は、カルシウム110mgに対して、リン93mgである。カルシウムを取り過ぎたら、必要な分を残して、過剰な分が排泄される。牛乳を飲むことと骨折、牛乳を飲むことと全亡の間には、関係がない。

 

これからも牛乳を飲むのか

それでは、これからの生活で、牛乳をどうするのかという問題ですが、今のところ次のように決めました。

  • スーパーの安い牛乳は買わない。
  • 飲みたいときや料理に使うときは、生協の配達で購入する牛乳を使う。
  • 牛乳以外のカルシウムを多く含んだ食品も食べる。

 

牛乳に限らず、食品の影響については、長期間多人数を対象にした科学的根拠が、示されているかどうかを、判断基準にすることが賢明なようです。

 

今は牛乳を控えています(追記)

牛乳にはさまざまなデメリットがあると判り、飲むのを止めました!の記事に書いた通り、8ヶ月後に牛乳を飲むのを止めました。

手に湿疹ができるアレルギーを予防するために、一度牛乳や乳製品をできるだけ止めてみようと考えたのです。

もちろん、牛乳の栄養価を否定しているわけではありません。

スーパーで売っている牛乳がダメだった人が、生協の牛乳なら飲めるという場合もあります。

牛乳を止めて4ヶ月ぐらい経ちますが、手の湿疹は出ておりません。

しかし、牛乳が原因だったかは、自分でもまだ不明です。

 

スポンサードリンク