マフラー 出来上がり

マフラー 出来上がり

和装の布ショールを普段使いのマフラーに、簡単手作りします。

 

持っているだけで、なかなか使用する機会がない和装のショールをマフラーにリフォームしてみようと思います。

スポンサードリンク



 

マフラーの出来上がり寸法

180㎝ x 20㎝以上になるようにします。

材料

材料の布地は、前もって洗っておきます。

  • 冬用和装のショール 1枚 140㎝ x 45㎝ 色は紫とグレーのリバーシブル 素材は表示がないので不明
  • 綿ローンの生地 170㎝ x 13㎝ 数年前に買ったまま未使用なので、縁取りのテープを取ります。※ショールの紫色と綿ローンの柄の一部に同じ紫色があるので、はぎれではありませんが、今回はこれを使用します。
  • 縫い糸・・・濃紺の60番を使用

 

冬用和装ショール

冬用和装ショール

 

綿ローンの布地

綿ローンの布地

作製手順

1.ショールの裁断・・出来上がりのマフラーの幅は、20㎝程あればいいので、ショールを半分に切断し、長さ80㎝を1枚、長さ50㎝を2枚に切断する。※マフラー本体は、3枚をつなぐことになる。

 

2.綿ローンの裁断・・・幅13㎝ x 170㎝を切り取り、縦に三つ折りにして、3本の紐状にする。

3本の紐状に

3本の紐状に

 

3.テープ作り・・・1本の紐から、22㎝長さのテープを6本切り取り、中裏にしてアイロンをかけながら、半分に折り、開いて、それぞれ中裏に4つ折りの折り目を付けておく。最初の1本の紐が、38㎝位残っているので、それを半分に切り、2本の紐とそれぞれミシン縫いしてつなぎ、185㎝程のテープを同様に作る。

アイロンで4本の折り目を付ける

アイロンで4本の折り目を付ける

 

4.マフラーのつなぎ合わせ・・・3枚をつなぐので、紫とグレーが交互になるように縫いつなぐ。生地が冬物で、縫いしろが分厚くなるので、直接縫い合わせはしない。

マフラーのつなぎ合わせ

マフラーのつなぎ合わせ

 

5.つなぎ目の仕上げ・・・マフラーの生地同士のつなぎ目に、1本のテープを表面が上側にくるように重ねて、しつけをかける。裏にひっくり返し、同じつなぎ目にテープを重ねてしつけをかける。ミシンでつなぎ目の周囲を縫う。

 

つなぎ目にテープを付ける

つなぎ目にテープを付ける

 

裏に返したところに、またテープを付ける

裏に返したところに、またテープを付ける

 

6.マフラーの短手の縁仕上げ・・・マフラーの上下の短手をテープで、包んでしつけをし、ミシンで縫う。

短手の縁仕上げ

短手の縁仕上げ

 

7.マフラーの長手の縁仕上げ・・・で作った長いテープで、長手を包んでしつけをし、ミシンで縫う。

 

以上でなんとかマフラーが出来上がりました。

若い頃の物で、派手になって、使えないと思っても思い切って切断して、地味な色合いの生地と合わせて何かを作り出すと、違和感なく使える新しい物に生まれ変わります。

 

そういう発想で、自分の持っている物で、何が出来るか考えてみるのも面白いことなので、お勧めします

テーブルクロスでシューズボックスと飾り棚の敷物を作るスマホカバーを布で手作りするときの作り方を紹介!

裏地付きマチあり手作りバッグの作り方の紹介!も合わせご覧ください。

スポンサードリンク