新聞

新聞を定期購読しない生活をしていることをお話します。

 

当地に引っ越してきてから2年4ヶ月、新聞を定期購読しない生活をしています。

私は、新聞を取らないことを推奨しているわけではありません。

若い世代でもなく、それなりの年齢の4人家族でも、新聞がなくても不自由を感じない生活をしています。

スポンサードリンク



 

新聞を取らなくなった理由

  • 定期購読したい新聞がなかった。
  • 引っ越しの片付けが大変で、その上新聞が増えることが嫌だった。
  • 朝日新聞がしつこく取ってくれって言って来たけど、しつこいのが嫌だった。
  • ネットでニュースを読めるから、新聞を読む必要性を感じない。
  • なんとなく、新聞がない生活が続いてきた。

 

要するに、新聞がなくても何も困らず、むしろ無駄な古新聞やチラシが増えなくて、とても清々しいです。

なんとなく、ペーパーレスでちょっとエコな生活です。

ネットで調べた新聞を読まない理由 第1位~5位

  1. 料金がかかるから
  2. 読むのに時間がかかるから
  3. 他のメディアから得られる情報で足りているから
  4. ゴミが増えるから
  5. 余計な情報が多いから

 

私も第3位の理由に入りますね。

2016年の月極新聞購読率 73%   購読していない 25.4%

 

新聞協会営業部の調査で、発行部数の推移を見ると、

発行部数 2000年  71,896   2016年 53,690 (単位1000部)

上記の通り発行部数自体も減少してきています。

 

ネット時代になり新聞の使命が変化

ウィンドウズ発売前の時代は、新聞記事を読んで感動したり、残忍過ぎる事件の記事には、被害者の無念を思うと、涙することもありました。

ネット時代になって、新聞の使命も薄れてきているのか、私にとって新聞が生活の必需品でなくなったのは確かです。

 

引っ越して来る前は、愛知県に住んでいて、中日新聞を購読していました。

別に中日新聞が好きだったからではなく、やはり地元紙なので、お店のチラシの枚数が他の新聞とは、桁違いに多く、金曜日や土曜日などは、厚さ1㎝位のチラシが折り込んでありました。

しかし、その膨大な枚数の中から本当に見るチラシは、1~2枚なのです。

結局25年ほど購読していましたが、紙面に広告は多いし、新聞もチラシもどうでもよくなっていました。

 

ネットで世界中の最新のニュースを無料で読むことができますし、その記事が新聞より劣っているわけでもありません。

また定期購読しないので、古新聞やチラシの処理をする必要もありません。

また、高層マンションやオートロックのため、新聞購読していない世帯も増えています。

 

反対にネットという便利なツールがあっても、新聞を購読する理由

  • 世の中の動きを知るため・・・39.0%
  • 新聞を読むことが習慣となっているから
  • 折込チラシが見たいから

 

また地方紙を購読する理由として

  • 子どもの頃から親しんできた新聞だから
  • 地元のニュースや情報収集
  • 地元のお店の折込チラシが入るから

 

私は、夫の転勤による転居でいろいろな場所で生活し、新聞も朝日、毎日、中日と購読しました。

やはり、郷里から出ないで生活していたら、そのまま郷里の地方紙をずっと購読していたかもしれません。

 

文章を読むことが好きな人、また書くことが好きな人にとっては、新聞は良いお手本ですし、じっくり読むことで、時間はかかるけれど、いろいろな知識が頭に入ります。

 

各個人が、どういうツールでニュースや情報を収集するのかを選択する時代になっていくでしょう。

スポンサードリンク