ヒマワリ

病気の人を励ます言葉とは、どんな言葉が適切なのか考えてみましょう。

 

 入院中の同室人と医療スタッフからのストレスが、すごかった!の記事でも述べているように、私自身もひどい病気になり、長年患ってきました。

本当の意味で病気の人を励ます言葉は、とても難しいと思います。

 

私自身がかけられてとても嫌だった言葉を思い出すと、自ずとどういう言葉を病気の人に伝えればいいのかが、少しは分かる気がします。

スポンサードリンク



病気の人を励ます言葉

1.頑張ったですね

頑張ってと言葉をかけるのは、禁句ですが、頑張ったですね、というのは、病人の闘病に対する労いになり、嬉しい言葉です。現在通院しているクリニックの先生から、初診のときに、「10年よく頑張りましたね。すごいことだと思います」と言われ、分かってくれる人がいるんだと感じて嬉しく思いました。

 

2.体調はどうですか

相手の体調を聞くということは、気遣ってくれているということです。クリニックの看護師さんは、血圧を計ったり、点滴を打ったりするとき、体調は、どうですか、と必ず聞いてくれます。私も病気の知人にハガキやメールを出すときは、必ずこの言葉を書くようにしています。

 

3.辛かったですね

この言葉も病気の辛さを緩和して、励まされていると感じます。看護師さんも、風邪をひいて咳が出る、と言うと、それは辛いですね、と気遣ってくれます。

 

4.お大事に

この言葉は、どんな病気の人でも、言われたら、ホッとします。会話の最後に、別れるときに言うと良いですね。

 

5.治るのを願っています

私も入院中に知人からもらった絵ハガキに、こういう言葉が書いてありました。体が辛いときに言われると、自分が治るのを待っている人がいることを実感できて、とても励みになります。

病気の人に寄り添う気遣い(言葉ではありませんが、とても重要だと考えます)

1.相手のレベルに降りてきて、垣根を作らない

2.聞き役に徹する

3.長話しをしない

 

白い花

病気のときに嫌だった言葉

私は、この12年間に35箇所の医療機関に行きました。

許しがたい暴言を吐く医師、看護師、医療スタッフもいれば、数少ないですが、誠実な人、本当に優しい天使のような人もいました。

病気になったということは、なんらかの医療機関にかかっているということですから、そこでも病人は神経をすり減らして疲れているのです。

 

その上、知人、友人から心無い言葉を告げられると、さらに傷つき疲れて、病状が悪化しかねないこともあるわけです。

 

1.頑張って

人間誰でも呼吸をして生きていることが頑張っているのに、頑張ってというのは、どんな病気の人に対しても言ってはいけない言葉です。

頑張っているから、病院にも通っているのです。

「頑張って」と言っている人は、自分自身は、何を頑張っているのかと思えるときもあります。

日本人は、「頑張って」を言い過ぎると思います。

 

2.長話しをする

病人相手に電話であろうと、直接面と向かってであろうと、長々と話しをする人がいます。

自分に関係することをやたらと話す人なんて、自分が病気でなくても、たまりません。

私はまだまともに歩けない頃、美容室へ行って、髪を切ってもらいました。

病気でも髪は伸びますから、時々カットしてもらわないといけません。

その美容師さんは、私の病状を知っているのに、カットをしている間、自分の子どもや孫の自慢話しをして、いつも聞くことが苦痛でした。

なんで、お金を払いながら、体がしんどいのに、この人のどうでもいい話しを聞かなければならないのか、ばかばかしくなって、そこに行くのは止めました。

こういう相手の体調を考えない人との会話は不要ですね。

 

3.命令する

自分は医師でもないのに、ああしろ、こうしろと言う人もお断りです。

私の以前の家の隣人は、悪い人ではないけど、一言も二言も多い人でした。

まともに立っていられない状態なのに、家の中の階段を昇り降りしろ、と言いました。

私の症状に階段の昇り降りすることが、どういう医学的根拠があるのかなにも知らないのに、うるさいって心の中では、反論していました。

当時は、治療に行くときに家を出入りするだけでしたから、その時から当分顔を合わせないようにしました。

無神経さが嫌で嫌でたまりませんでした。

 

4.えらそうに言う

その人の病気の辛さは、その人でなければ分かりません。

長年の病気治療で悟ったことは、自分がとても無知であった、ということです。

私は、数年前慢性病の6回で完結するワークショップに参加しました。

自分と同じような症状の人がいれば、有効な治療法を知りたいというのが、参加の動機でした。

そこで、糖尿病にも種類があることを知りました。

特に1型は、食事の問題ではなく、若い人にも発症するのです。

このタイプの人は、おいしいものばっかり食べたから、糖尿病になったんでしょう、と無神経に言われることがとてもショックだと聞きました。

 

私の場合は、段々歩けるようになっても、頭痛、ふらつき、動悸があって、それは人からは、判りません。

ですから、自分の症状を話したとき、「なまけ病でしょ!」と言われたことが一番傷つきました。

誰一人好き好んで病気になる人は、いませんし、私も長年治療費、交通費、宿泊費など、治すために随分使ってきました。

なまけ病で多額のお金を使いますか、そんなお金があったら、海外旅行にでも行きます。

 

中高年になると、自分の知っている知識がすべてで、その知識の範囲であれこれえらそうに言ってしまい、独りよがりの人がたくさん居ることに気がつきました。

歳をとっていても、自分が知らないことの方が多いのです。

一般人だけではなく、そのことに気がつかない医師や治療家もいますね。

自分のやっている治療が最高で、他の治療法を認めようとしません。

 

5.哀れんで言う

これは、入院中毎日感じたことです。病人同士でも、自分より状態が悪い人に向かって、自分は一段マシなレベルなんだと、半ば哀れんで馬鹿にして、言われたことが毎日でした。

病気の人に対して、対岸から言うような、垣根をつくってはいけません。

 

以上5項目が私が言われたくない言葉でした。

それでは、なにを言われたら嬉しいか、励ましになるのかと考えました。

余計なことを話さない方が良いのです。

難しいけど、とてもシンプルなことのような気がします。

 

病気の人を励ます言葉は、難しいけど、シンプルだと考えます。自分が病気だと想定して、言われたら嫌だろうなと思うことは、言わないことです。

スポンサードリンク