ハンドメイド作品

小物やエコバッグといった袋物を手持ちの布でハンドメイドするときに、おすすめ本を5冊厳選して紹介します。

 

洋服を作った後のハギレや捨てようかと思った洋服のきれいな部分を利用すると、少しの布地でコースター、シュシュや布バッグなど、いろいろな小物を自分で作ることができます。

たとえ小さな物でも、自分で作ると達成感があり、捨てられるはずだった物が、役立つ物に生まれ変わり、日常生活を彩ってくれます。

そういったハンドメイドに役立つ5冊の本の紹介です。

余った布で作るかんたんこもの レディブティックシリーズno.3709 ブティック社

少しの布地で作れる小物が127点載っています。

本の最初30ページ程は、出来上がりの小物の写真が掲載されていて、それ以降のページは、それぞれの小物の作り方が詳しく出ています。

作り方の最初のページは、基本的な縫い方を説明してあります。

例えば、巾着やシュシュでも何種類も載っているので、簡単なものから作ることができます。

ブティック社は、作り方に質問があれば、電話などで質問することができます。

amazon                



バッグ作りのきほん事典 木所未貴監修 西東社

この本は、全部で143ページ程ありますが、とてもていねいに編集されているというのが実感できます。

最初にバッグの名称、本書の見方があり、難易度マークの解説まで書かれています。

それから数ページにわたって、バッグ作りに必要な道具、布の種類や特徴、布の裁ち方、接着芯のつけ方まで写真入りで説明されています。

本編は、まずバッグの出来上がり写真、出来上がりサイズ、材料、製図、作り方が写真や図入りで順番に出ています。

一つの作品が、パックされているように掲載されているので、本の中を大幅に前後する必要がないので、とても見やすいです。

また、基本型の後に、それをアレンジしたバリエーションタイプが出てきます。

難易度マークもあるし、実物大型紙も付いているので、初心者でもかなり参考になると思います。

amazon                         rakuten

 

斉藤謠子のふだんづかいの布バッグ 斉藤謠子著 NHK出版

キルト作家でもある著者の作品なので、バッグの形も趣があってセンスがあるものが紹介されています。

前半のページに作品の写真が載っていて、後半は作り方が詳しく出ています。

形を少し変えるだけで、こんなに雰囲気が変わってくるのかと参考になります。

「作品を作る前に」というページに、布地、縫い方、糸、用具について説明してあり、直線縫いができる家庭用のミシンがあれば、すべての作品が作れると書かれてあります。

基礎をていねいに押さえた作品作りに定評がある著者なので、順序通りに作れば、しっかりした布バッグが出来上がると思います。

実物大型紙付きです。

amazon                      rakuten

 

小物ハンドメイドに役立つ本厳選5冊!

小物ハンドメイドに役立つ本厳選5冊!

ファスナーで楽しむバッグと小物 水野佳子著 日本ヴォーグ社

この本のおかげで、私はファスナーを付けることができるようになりました。

本当におすすめの1冊です。

バッグにふたやファスナーがないと、バッグを椅子などに置いたときに、中に入っている物が出て散らかってしまうことがありますよね。

私は、それが嫌で自分で作るバッグにファスナーを付けたいとずっと思っていました。

洋裁教室はあるけど、こういう小物作りの教室は、あまりないのが現状です。

ファスナーを使ったポーチ、ペンケースやバッグなどいろいろな作品が載っています。

この本の中程に、ファスナーの基礎ノートと題して、ファスナーの種類、しくみ、つけ方の種類が詳しく説明されています。

私のようにファスナーを付けたいと思われたら、ぜひ参考にしてみてください。

実物大型紙付きです。

amazon                       rakuten

 

黒羽志寿子の小ものづくり 黒羽志寿子著 日本ヴォーグ社

この本は、さまざまな布地から洋服や小物を作るプロの作家の方から推薦されたものです。

私は、この本で「どんでん返し」という言葉をハンドメイドでも使うのだと認識しました。

どんでん返しとは、中袋(裏)付きのバッグを作るとき、持ち手をはさんで本体と中袋の袋口(入り口部分)を縫い合わせ、それぞれの脇を縫って一度に表に返すシンプルな仕立て方です。

著者の言葉を借りると、「持ち手やファスナーのつけ方、まちの縫い方のように表から見ただけで

はわからないこと」が詳しく説明されています。

キルト作家でもあるので、パッチワークの要素も随所に入っていて、長く使える素晴らしい本だと思います。

amazon                            rakuten

 

もう「食べたい」をガマンしない♪【ベジファス】