セーター

冬物の収納は、かさばるので、折りたたみの衣裳袋などを活用して、衣替えを行ってください。

 

春の衣替えはいつ

社会全体は大体4月1日が、新年度の始まりですが、家庭では、ウールのセーターや厚手のコートを、もう着ないだろうなと思う3月下旬から4月にかけてでしょうか。

秋の衣替えと異なる

秋の衣替えを、楽に収納してさっさと終わらせましょう!でお伝えしたように、秋の衣替えの反対で、保管しておいた夏物衣類を取り出し、きれいに洗った冬物衣類と入れ替えることです。

 

けれども、決定的に異なることがあります。

それは、冬物衣類のかさが大きくて、洗濯も収納も、秋の衣替えとは手間が少し増える点です。

冬物衣類はかさばり、洗濯も大変ですが、収納するときも折りたたみの衣裳袋などを利用すると、収納量の増減に対応できます。



クリーニング店に出すときの注意

既製品であれば、洋服の内側に素材や洗濯方法等を表示した布のラベルが縫い込んであるので、その表示を見てクリーニングに出すのか、家で手洗いするのか、洗濯機で洗うのか決めましょう。

私は、冬のコートも自分で作るので、表示ラベルがありません。

その布の素材成分を覚えておいて、クリーニング店で告げます。

街のごく普通のクリーニング店は、工場へ持って行って洗うので、なおさらシミ取りをしてほしいとか希望をしっかり告げましょう。

素材とか洋服の形とかあまり解っていないクリーニング業者も多いです。

 

家で手洗いするときの注意

最近は、洗濯機で洗えるウールのセーターやカーディガン等も販売されていて、家の洗濯機で洗えるので経済的で便利になりましたね。

手洗いするときは、おしゃれ着用洗剤を使って、手で押し洗いをします。

その後すすぎを数回繰り返し、洗濯機で軽く脱水をします。

ウールも絹物も水を使った方が良いです。

絹物は、脱水1~3分で陰干しにして、生乾きのうちにアイロンをかけて仕上げます。

絹物は家の中で干しておくだけで十分生乾きになります。

 

自分で作った衣類の洗濯の注意

自分で縫って作製した絹物衣類は、私は、すべて自分で手洗いします。

上記で述べたように、クリーニングに出してとんでもないことになるよりは、という懸念があるからです。

しかし、はっきり言って面倒ですが、自分が作ったものを大切にするために、手洗いしています。

絹物は、色が抜けて他の衣類を染めてしまうので、単独で手洗いすることをお勧めします。

ボーダー柄のセーター

春の衣替えの手順

1.来シーズンも着る可能性のある冬物衣類は洗濯かクリーニングに出して清潔にしておきます。着ないでそのまま部屋に置いてあったものも、ホコリを被っているので、念のため洗濯します。

2.衣類を次の3つに分類します。もうすでに区別してある場合は、衣類を引っ張り出す必要はありません。

  • 長期的保管するもの(礼服や着物等)
  • 来シーズンまで保管するもの(冬物衣類、この衣類だけ移し替えれば楽です)
  • 日常的に保管するもの(薄手の長袖や肌着等、1年中着る可能性があるもの)

3.この3つに分類した衣類の保管場所を決めます。このときに、洗濯済みのものと汚れたものを一緒にしないことです。

4.長期的に保管するものは、例えば着物や礼服です。できるだけ頻繁に開け閉めしない場所に防虫剤を入れて保管します。これらは、衣替えのときに移動する必要はなく、防虫剤を足すだけで良いと思います。クローゼット用の桐のチェスト等も販売されています。

5.来シーズンまで保管するもの、具体的には冬物衣類です。これを夏物と入れ替えます。クローゼットの中だと、ハンガーに吊るす衣類は、保管カバーに入れた方が断然良い状態で保てます。普段着の衣類は、引き出し用ケース等が便利です。家族各人の名前や衣類名をラベルに書いておくと、すぐ判ります。また来シーズンに不足するだろう衣類の種類と枚数をメモしておくと、買い物するときに役立ちます。冬物衣類は、かさばるので、折りたたみの衣裳袋などを持っていると重宝します。

6.取り出した夏物をシミ等がないか一応確認して、タンス等に保管します。

7.日常的に保管する衣類は、すぐ取り出せる場所に保管します。

 

季節ごとの衣替えは、基本的に上記の赤字の部分だけです。

 

衣類を処分する方法

衣替えは、家中の衣類を見直し、処分するいい機会です。

シミになったり、破れたものは捨てる、まだ着られそうだけど、自分は着ないものは、ネットで売るかフリーマーケットに出すか、といった方法があります。

私もかなり衣類を処分してきました。

もちろん買ったときの値段を考えると、時間はかかりました。

私は、衣類を売買する気になれず、寄付を何回かしました。

ネットで探せばいろいろな団体があり、手数料か送料はかかりますが、捨ててしまうのは、もったいないと思ったら、寄付するのも一つの方法です。

自分が提供したものが、地域や形を変えて役に立っています。

 

収納スペースが余裕を生む

いつまでも処分できず溜め込んでいる人がいますが、処分して家の中の収納スペースに空きができると、気持ちも余裕が持てるような気がします。

保管場所に空きが少しあるように、収納するのがコツです。

 

秋の衣替えを、楽に収納してさっさと終わらせましょう!も読んでくださいね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

郊外倉庫で安価!
自分で荷物を運ぶ必要がないので、倉庫は郊外に。空調完備で定温定湿でも
保管料はとってもお得です。
トランクルームは宅トラがおすすめ