きれいな家々です。

中古住宅の購入直後のリフォームを行うときの重要なポイントをお伝えします。

 

「家のプロ」が親切丁寧に作業します!
戸建のメンテナンスなら【イエコマ】


狭い範囲のリフォームや特別器用な方なら、自分でリフォームされる場合もあるかと思います。

以下のポイントは、あくまでも業者に依頼してリフォームをしてもらうときの重要な点です。

◎リフォーム業者決定まで

リフォームのポイント①:どこをどうリフォームしたいのか大体決めておく。

リフォームのポイント②:3社以上から見積もりを取ろう。

リフォームのポイント③:信頼できそうなリフォーム業者を冷静に選ぶ。

詳細はこちら

 

◎見積もり段階

リフォームのポイント④:住宅の構造を理解し、何ができて何ができないかを把握する。

リフォームのポイント⑤:設備などのショウルームに行って確認し、品番などは、できるだけ大きいサンプルで選んで、後で後悔のない選択をする。

詳細はこちら

 

◎リフォーム業者との契約から工事期間

リフォームのポイント⑥:契約は慎重に行う。

リフォームのポイント⑦:どうしても納得できないことは断る。

リフォームのポイント⑧:業者との意思疎通は確実な方法で行う業者との打ち合わせ記録を残す。

詳細はこちら

◎リフォーム工事終了後

リフォームのポイント⑨:リフォームが終了した箇所は、毎日掃除して不具合がないか観察する。

詳細はこちら

◎不具合が発生したとき

リフォームのポイント⑩:不具合が発生したら冷静に記録する。

リフォームのポイント⑪:リフォーム業者とは穏やかな関係をつくる。

詳細はこちら

 

◎専門的な分野のリフォームの場合

リフォームのポイント⑫:その分野に詳しい専門業者を探す。

リフォームのポイント⑬:こだわりの商品がある場合、それを施工してくれる業者をじっくり探す。

リフォームのポイント⑭:良心的な業者を探す。

詳細はこちら

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。